浜本由惟の現在・オーストラリアでのプレーを選ぶ理由は?オリンピックには出れない?

スポーツ

こんにちは!ディグ太です!

東京オリンピックが近づいていますが、ここでスポーツ界で興味深いニュースが飛び込んできました。

卓球選手の浜本由惟さんがオーストラリア国籍取得に動いておりオーストラリアでのプレーを希望しているとのことです。

なぜ日本でプレーし続けないのか?とても気になったので調査してみました!

浜本由惟さんの現在は?

なぜオーストラリア国籍を取得しなければならないのか?その理由は浜本由惟さんの現状にあります。

浜本由惟さんは現在20歳。まだまだ若いですが卓球選手としてはベテランの域です。卓球は比較的若い選手が活躍することが多いです。10代で有名になる選手、たくさんいますよね。

 

浜本由惟さんは残念ながら10代の選手が既に台頭しているなかで今後もプロとして活動していくのは難しいと判断されたようです。

現在の世界順位は86位。決してプロとして高い順位とは言い切れません。無論、より高い順位で活躍する日本人選手はいますから合理的な判断だと思います。

ちなみに日本卓球協会の宮崎義仁強化本部長は「ランクが50位以下だと日本代表は見えてこないが、他の国ならエース格になれる国もある」と語っています。

浜本由惟さんがオーストラリアを選んだ理由は?

たくさんある国々のなかでオーストラリアを選んだ理由は何なんでしょうか?

理由が本人から明言されているわけではありませんが考えられる理由としては

  • 所属チームの監督が劉燕軍氏がオーストラリア代表の監督を務めている
  • 英語に堪能である

この2つでしょう。

また、自分の世界での実力を照らし合わせた時にトップ選手として代表入りできると判断したのだと思います。

オリンピックに出られない?親に無理やり移籍させられた?

浜本由維さんの国籍変更ですが、問題なのが国際卓球協会のルールです。

----------Sponsor Link----------

国際卓球連盟の規定では、18歳以上21歳未満の選手が所属協会を移籍した場合、7年間は世界選手権には出られないとうことになっています。

 

となると、オリンピックに挑戦できるのは最短でも28年のロサンゼルス五輪です。

 

10年経たないとオリンピックに出演できないという状況に敢えて挑むという判断には様々な意見があります。概ね賛成意見ですが、なかには…

この規定を知っていたのならあと1年日本で頑張って21歳になってから移籍した方が良かったような気もするのですが。。
それから最初に親が協会に報告したというのが引っかかる。
親が娘を五輪に出させたいという強い意向が本人の思いよりも優先されている、なんてことがなければいいのですが。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190601-00000124-dal-spo

 

確かに、言われてみれば後少し待てばペナルティを回避できるのになぜ今なのか?というのは疑問ですね。最も必ずしもオリンピックに出ることが第一の目標とはいえませんから、本人がどう考えているかわからない限りはなんともいえないですよね。

親に無理やりなのでは…?ともいわれていますが、本人が納得した上での選択であることを願いいたいですね。

まとめ

今回は浜本由惟さんの現在やオーストラリアの帰化する理由について調べました。

このタイミングでオーストラリア国籍を取得するという判断はには若干の疑問符が浮かびますが、いまさら言っても仕方がないので新天地で頑張ってほしいですね。

調べてみると卓球大国中国では当たり前にやられていることみたいで、日本ではレアケースですが世界的にはよくあることなようです。

日本を背負ってほしい!という意見も分かりますが個人的にはとにかく自分がプロとして納得できるプレーができるかが最も重要だと思います。これからもがんばってほしいですね!

 

----------Sponsor Link----------

コメント

タイトルとURLをコピーしました