長崎市青山町の私道の封鎖(通行止め)場所はどこ?福岡県の不動産業者の名前は特定?

時事ネタ

こんにちは!ディグ太です!

長崎市青山町の私道の通行止め問題が話題になっていますね!

私道の所有者が普段から私道を使用していた近隣住民に対して通行料を支払うよう求めたところ、近隣住民がそれに反発。

折り合いがつくことなく現在は私道所有者が道を封鎖する事態になっています!現在は進入禁止と書かれたブロックに加えてガードレールとチェーンが設置されています。

今回はこの騒動について調査してみました。

  • 通行止めになっている地域はどこ?
  • 福岡県の不動産業者はどこ?

この辺りについて気にされている方もいらっしゃると思います。現在出ている情報をまとめてみましたのでチェックしてみてください!

調べてみると不動産業者の言い分は真っ当という意見が多い様子。一体どのような経緯なのでしょうか?

----------Sponsor Link----------

長崎市青山町の通行止め地域・場所はどこ?私道としては異例の広範囲で近隣住民はかなり困りそう

さて、問題の通行止め場所ですが長崎県青山町の下記の地域となります。

この画像を見て頂ければご理解いただけるかと思いますが範囲としてはかなり広いです。ニュース記事を見てみると

私道は青城自治会(田中憲一会長)内を通り、延べ面積は約3700平方メートル。隣の青山町自治会(市山芳樹会長)などの住民にとっても周辺へ抜けるために不可欠な道となっている。

引用:https://this.kiji.is/549609551858713697

とのことでやはりかなりの広範囲で近隣住民にとってもかなり重要な通行手段といえそうです。約3700メートルというと約1200坪、2240畳の広さ!

試しにGoogleマップで近隣の衛星写真もチェックしてみると…

----------Sponsor Link----------

たくさんの住宅が建てられていることが分かります!100世帯以上への影響という報道にも頷けます。

それにしてもこのような規模の私道、本当に存在するんですね…。ちょっとびっくりです。

なぜ公道にすることができないのか?

個人的には本来であればこのような規模の私道は行政が買い取るべきだったのでは?と思ったのですが何か事情があったのでしょうか?

調べてみるとこのような情報が…

一応元々の所有者は自治体に買取を申し出ていたみたいですね!しかし補修費を支払いたくない自治体側がそれを渋ったと…なかなか複雑な問題です。

行政側も支払う税金はできるだけ節約したいという事情もあったのかもしれませんが、結果的にこのような事態になっているのであまり正しい判断ではなかったのかもしれません。

もしかすると公道にするための要件を満たしていないのでは?と思い長崎市の私道寄附についても念のため調べてみたのですが、所有者の問い合わせでのみ要件を通達しているとのことで不明でした。

福岡県の不動産業者の会社名は特定されている?現在も調査中!

話題となっている福岡県の不動産業者ですが、現在のところ名前は公開されておらず情報もリークされていない様子でした。

何か犯罪を起こしたわけでもありませんし一概に倫理に反した行動をとっているというわけでもありませんから今後も名前は出ないかもしれませんね。

もしかするとどこかの週刊誌が名前を突き止めるなんてこともあるかも?

情報があれば適宜追記・修正していこうと思います。

まとめ

今回は長崎市青山町の私道通行止め問題について調べました。

上記の通り、

  • 100世帯以上の影響するかなり広範囲の私道
  • 騒動に関わっている福岡県の不動産業者の名前は不明

ということが分かりました。

誰が悪いとも言えない複雑な問題ですが、近隣のご高齢者の方々は気の毒にも感じますのでどのようなかたちであれみんなが納得いく結末を迎えてほしいものです。

業者の名前のついては判明次第追記していこうと思います。情報があればコメントを頂けると嬉しいです!

----------Sponsor Link----------

コメント

タイトルとURLをコピーしました