TOEICは意味なし?受けるべき人とそうでない人の違い

TOEIC勉強法

こんにちは!ディグ太です!

 

英語の勉強が必須と言われて久しいですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
頑張って英語を勉強している人もいれば、
自動翻訳が発達するからいらね~という人もいるでしょう。

 

英語の勉強といえばTOEIC、という風潮がありますが

ハイスコア≠英会話ができる

ということは、もう随分前からいわれていて
今更言うまでもないと思います。

 

しかし、じゃあTOEICが無駄なテストなのか?
といわれると決してそんなことはないと私は考えます。
そもそも、TOEICの持つ意味はあなたの人生設計やキャリアプランにより変わります。

 

 

 

そのため、一概にどうこうとはいえません。

今回はこれからTOEICを受けようと思っている方向けに
こんな方はTOEIC受けるべき!こんな方は受けなくていいです!
というところをご説明していきたいと思います。

----------Sponsor Link----------

TOEICを受けるべき人・受けないでいい人

TOEICを受けるべき人は下記のような人です。

  • 会社の評価基準に具体的なTOEICスコアがある
  • 大企業を目指す学生・社会人

以上です。
一言で言えば「そこまで海外に興味がない人」です。

 

え?海外に興味ある人がTOEICをやるべきでは?
思うかもしれませんが、実は違います。

 

具体的に説明していきます。

会社の評価基準に具体的なTOEICスコアがある

会社から、昇給・昇進の条件としてTOEICのスコアが明確に
規定されており、それを達成したいということであれば
TOEICに挑戦する価値は大いにあります。


TOEICは適切な対策を行えばすぐにハイスコアが達成できるテストです。
確かに、出題傾向は微調整されていますが、
基本的には努力が反映されやすい仕組みになっています。

----------Sponsor Link----------


昇給のチャンスを掴むことができるのであれば、
短期集中で挑戦してみることをおすすめします。

 

大企業を目指している学生

とりあえず大企業を目指してます!って学生さんでしたら
TOEICをやってみてもいいと思います。

 

ただし、TOEICに力を入れすぎて面接で話すことがない!では
本末転倒なのでそこはバランスを考えてください。

 

大企業の多くは国際展開を考えており
そのために社員へは一定の英語力があることが望ましいと
考えている場合が多いです。
その英語力の分かりやすいパロメータとしてTOEICを扱っているので
とっととハイスコアをとってより強くアピールできる人材になりましょう。

 

大手企業への転職を考えている社会人も同様です。

 

ただし、企業にとっては全く英語力が関係ない場合もありますので
そこはしっかり調べてからにしてくださいね!

海外で仕事がしたいならもっと実践的な英語学習を

上記のとおり、会社から昇給の条件として明確にTOEICが
挙げられているのであれば受験の価値はあります。

 

ただし、海外で仕事がしたい、英語を使って働きたいということであれば
TOEICなんてやってる場合ではありません。

 

上述の通り、TOEICは会話力にはつながらないので
本来の「話す」という目的からするとかなり遠回りな英語学習となってしまいます。

 

はっきりいって英会話教室にしばらく通えば
TOEICのハイスコアなんて簡単に取れてしまうので
そちらにシフトするべきでしょう。



費用はTOEICより掛かりますが、効率を考えれば
実際のコミュニケーションにより役立つ学習に力を入れてTOEICは後回しにすべきです。

 

また、今後自動翻訳などが発達することを考えると、
意識すべきは「自分のキャラクターを会話に反映できるか」です。

 

ただ意思疎通ができたらよいのであれば文章だけでもいいですが、
親密な関係になるにはやはり
言葉を実際に発するコミュニケーションが必要です。

 

むしろ、英語が完璧に話せる必要なんて全く時代ではなくなり
片言でも相手の感情に訴えられるかが勝負になるはずです。

 

そのため、必要なのは実際の会話に使える英語力。
TOEICはあくまで読み書きですがこの観点で考えると
あまり有効なものではなくなります。 

まとめ

今回はTOEICを勉強すべき人、すべきでない人の違いについて書きました。

 

TOEICが意味のあるテストかどうかは、
本人の背景に依って変わっていきます。

 

自分の状況や望んでいるものと照らし合わせて
今一番やるべきことから手を付けるようにしていきましょう。

 

せっかくの努力も適切なものでなければ
効果は薄くなってしまいます。


TOEICでももちろん英語力はつきますが、
実際の英会話という観点ではあまり効果が期待できるものではないです。
外国人とおしゃべりしたい、外国で働きたいという方は
より実践的な英会話を学ぶことをおすすめします。

----------Sponsor Link----------

コメント

タイトルとURLをコピーしました