飛松五男の経歴は?西成区での生活保護問題への直撃動画が衝撃的!

時事ネタ

こんにちは!ディグ太です!

皆さんは「飛松五男」さんをご存知ですか?

元々刑事をされていた方なんですが、その経歴を活かして今もなお行政書士やテレビ出演など多方面でご活躍されている方です!

今回は飛松五男さんについてまとめていこうと思います!

----------Sponsor Link----------

飛松五男さんの経歴について

飛松さんは1964年兵庫県警に入られました。以後41間、刑事として現場を駆け抜けられました。警察としてのキャリアで管理部門に入られたことは一度もなかったそうで、徹底した現場主義の方です。

分かりやすく時系列にまとめると、

  • 1964年6月:兵庫県警察に就職
  • 1965年~1966年頃:刑事としてのキャリアをスタートする(当時21歳)
  • 1967年~1976年:所轄刑事、警察本部捜査第一課刑事として勤務
  • 1976年:巡査部長に昇任、部長刑事となる(当時31歳)
  • 2005年:の定年退職時巡査部長から警部補に特別昇任
  • 警察を退職後はコメンテーター・行政書士として活動しながら「飛松塾」という社会問題を扱うイベント開催など精力的に活動

といったキャリアを積まれています。
現役バリバリですね!

テレビ出演のきっかけは?

警察を退職されてからのテレビ出演が多いのですが、実は現職時にも『警察24時』などの警察密着番組に出演されていました。

 

本格的なテレビ出演のきっかけとなったのは、姫路2女性殺害事件という事件です。退職後も被害者相談に乗り、犯人を割り出し確保したことが注目されました。

 

筆者は元々関西に住んでおり故やしきたかじん氏の人気番組「そこまでいって委員会」でよく出演されている姿を見ていました。まさに元刑事!という感じの熱さを感じさせる方で、この番組のカラーに似合う警察ぶっちゃけ話を飛ばしまくってましたね!(笑)

行政書士としての評判は?

上述の通り行政書士としても活動しています。

在住している姫路市に事務所を構えていらっしゃいますね!

----------Sponsor Link----------

個人情報に触れるかもしれないので明記は避けますが、調べればすぐに場所が分かります!

残念ながら詳しい情報は見つかりませんでしたが、きっと精力的に活動されていることでしょう!

警察のウラバナシについてぶっちゃけまくり

「そこまでいって委員会」でもいい意味で言いたい放題な飛松さんですが、最近ではTBSジョブチューンにたまに出演されますね!

いつもヘビーな話をされるのでヒヤヒヤします(笑)

よく警察の不祥事の際はコメンテータとして出演され警察の抱える問題について述べられますね。

過去の発言を調べてみると、

「警察のロッカーには3億円分のニセ札束がある」
「事件が無い時、刑事はバチンコに行く」
「警察官が裏金に手を染めるのは出世につながるから」

<交通安全協会について>
「5年在職で数千万の退職金他が支払われている。兵庫県の場合、235人の職員のうち警察のOBは120人おり、約半数を占める。」

「警察官で加入している者は一人もいない。加入しても意味がないことを誰もが知っているから」

などとお話しされています。消されないか心配…(汗)

また、出版にも精力的で今までに

  • 飛松五男の熱血事件簿 私だけが知っている不可解事件の裏側と真相 (鹿砦社 2011年)
  • なぜ警察官の犯罪がなくならないのか 元熱血刑事がテレビで言えなかったこと (インシデンツ 2013年)
  • 歪曲捜査 ケンカ刑事が暴く警察の実態 (第三書館 2014年)

の3冊を出版されています。
気になる方は読んでみてください。

西成区への生活保護問題直撃動画がすごい!

ぜひ見て頂きたい動画がありまして、上述の「そこまでいって委員会」のドキュメンタリー動画です。

公式でアップロードされているので安心してご覧ください。

なかなか踏み込んだ内容ですよね!

飛松さんの熱さ・真面目さを感じられるだけでなく、勉強にもなるすばらしい内容です。

山本太郎を応援している?

この記事を書くにあたって色々とリサーチをかけたのですが、驚きだったのがどうやら山本太郎さんを応援しているということ!

何となく保守的な雰囲気を感じていたのですが、このような気色の方を応援しているのは意外でした!

これだけで本人のお考えを断定することはできませんが、なんとも予想外な組み合わせですね~!

下記のツイートで明言されています。

まだまだ元気な方なので選挙に出馬!なんてこともあるかもですね~。

まとめ

今回は飛松五男さんについてまとめました。

今もなお生涯現役を貫く飛松さん。いつまでも元気で活躍してほしいです。ただ逆に言えば飛松さんがテレビに出ないといけないということは警察という組織に少なからず問題があるということ。

警察も人間なので、完全に潔白な組織になることは難しいと思いますが、少しずつでもよくなっていってほしいなと思います。

飛松さんが頑張らなくてもいいように若い世代が令和を引っ張っていかないといけませんね!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

----------Sponsor Link----------

コメント

タイトルとURLをコピーしました