有職装束大全の入荷はいつ?通販で在庫がある購入先リスト一覧

時事ネタ

こんにちは!ディグ太です!

皆さんは『有職装束大全』という書籍をご存知ですか?

2018年に八條忠基氏が執筆された『有職装束』の解説書です。

奈良・平安時代以降に公家などが身に着けた衣装だそうで、服の構造や成り立ち、色合いや文様の意味、アクセサリーの種類などを豊富なビジュアルも含めて分かりやすくまとめた内容です。

これがこの時代の衣装に興味を持つ絵師さん達の間で話題となり、ツイッター上で『バズる』状態に。

元々はほとんど売れていなかったようですが、見事今では入荷未定の状態になっています!

今回は

  • 有職装束大全の入荷時期はいつなのか
  • 通販で在庫がある購入先リスト一覧

について調べてみました。

調べてみると実際にかなり人気で爆発的に売れているということが分かりました。一体入手できるのはいつ頃になるのか…?気になる方は読んでみてください!

----------Sponsor Link----------

有職装束大全の入荷時期はいつ?重版後は内容が少し修正される?

有職装束大全ですが、上述の通り既にかなりの冊数が売れており品薄の状態になっています。

しかし、めでたいことにこの度重版が決まったとのことです!

今まで全く陽の目を浴びていなかったが作品が急激に拡散され作者・出版社を含めた関係者の皆さんは非常に驚かれているご様子です!(笑)

残念ながら具体的な発売時期は現時点では決まっていない様子。

すぐに手に入れることは難しそうですし、手に入れたい方はたくさんいらっしゃるでしょうから再発してもすぐに売り切れてしまうかも…。現段階では気長に待つしかなさそうはですね。

Kindleでの配信などの情報も現時点ではありませんでした。しかし、書籍のみの販売だとまた売り切れてしまうかもしれませんし配信での取り扱いも始まるかもしれませんね!

AbemaTVでも取り上げられツイッターで話題になったことを知らなかった層にも存在が知られつつあるのではないかと思いますので、販売が再開するとかなりの売上を記録しそうです!

ちなみに作者の八條氏のFacebookを確認したところ、重版されたものは内容が少し修正される様子です。

既に手に入れている方は敢えて重版されてからのものを別に購入されるのもいいかもしれませんね!

 

10月半ば頃から手に入れられる可能性が高い?

ちなみに、一般的に重版から市場への出回りまでどれくらいの期間が必要なのかをしらべてみたところ、基本的には2~3週間は掛かることが多い様です。

本の流通方法で説明した通り、通常注文した本は出版社から取次、取次から各書店行きの箱にそれぞれ詰められて書店に届くわけですが、 その流れに従うと、本は注文してから大体2~3週間しないと書店には届かないようになっています。

引用:http://books.ojiji.net/nisuu.html

それを考えてみると、恐らく10月半ば頃に手に入るようになる可能性が高いのではないかと思われます!

あくまで推測の範囲を出ませんが出版社としても熱の覚めないうちにモノを用意したいはずですし、これ以上時間をかけることはないのではないでしょうか?

しかし、上述の通り修正箇所もあるそうですのでもしかするともう少し時間が掛かるということもあり得そうですね。

早く入手可能時期が判明すればよいのですが、現時点では情報を気長に待つしかなさそうです。

通販で在庫がある購入先リスト一覧!現時点では入手は難しそう

2019年9月時点では通販で手に入れることはやはり難しく、再発を気長に待つしかない状況です。

ヤフオクなどにも出品されていないか調べてみましたが残念ながらそれらしきものはありませんでした。

あれだけ話題になったので流石にもうないだろうな…とは思いましたが予想通りでした(笑)

情報が入り次第、追記・修正していきたいと思います。

まとめ

今回は

  • 有職装束大全の入荷時期はいつなのか
  • 通販で在庫がある購入先リスト一覧

について調べました。

現時点で確定した情報はありませんが、10月半ばころには手に入れられるようになる可能性が高そうです!

詳しい情報が分かれば随時追記・修正していきたいと思います!もし何か情報を持っていらっしゃるかたがいらっしゃればコメントなど残していただきますと幸いです。よろしくお願いします!

 

----------Sponsor Link----------

コメント

タイトルとURLをコピーしました