燃料電池バス(水素バス)SORAに乗れる場所はどこ?運行区間・時刻表も調査!

時事ネタ

こんにちは!ディグ太です!

皆さんは『SORA』という燃料電池バス(水素バス)をご存知でしょうか?

トヨタ自動車の開発した燃料電池バスで、その乗り心地の良さが話題になっています。

2020年の東京五輪に向けて量産化が開始された初の燃料電池バスで、燃料電池バスとして、国内で初めて型式認証を取得したことでバス業界で大きな話題となりました。

排出ガス規制のための技術革新の結果、ドライバーの負担軽減や騒音の低減などの実現し、上述の通りの乗り心地の良さを実現することに成功しています。

後述しますが、通常のバスよりも格段に高価なこともあってまだまだ全国に広がっているとは言い難いのが現状。

しかしながら、少しずつ採用の動き出すバス会社が増えてきています。

今回は

  • 燃料電池バス(水素バス)SORAに乗れる場所
  • 運行区間や時刻表

について調査してみました。

調べてみたところ、『SORA』に乗れる場所はまだまだ少ないようでしたが、じわじわと乗れる場所が増えつつあるようです。ご興味のある方はぜひ読んでみてください!

----------Sponsor Link----------

燃料電池バス(水素バス)SORAに乗れる場所は?東京以外では乗るのが難しい?

各バス会社の公式サイトなどを調査したところ、2019年9月時点で『SORA』に乗れる地域は下記の2つの様です。

  • 東京都(都営バス・京浜急行バス)
  • 横浜市(横浜市営バス)

やはりまだまだ全国に浸透しているとは言い難いですね。

2018年3月時点で東京都では3台が導入されており、それから増えているわけではないようです。

『SORA』の前身である燃料電池バス『FCバス』は2台導入されており、燃料電池バスという枠組みでは現在5台が運用されています。

----------Sponsor Link----------

現在具体的な『SORA』の導入計画は明かされていませんが、東京都は2020年の東京五輪までに燃料電池バス100台を導入予定としておりますので今後数年の間で導入台数自体は増えていきそうです。

また、民間企業である『京浜バス』も『SORA』を1台導入しています。こちらも具体的な導入計画は明かされていませんが、今後は燃料電池バスが主流になっていくはずですし少しずつ導入が増えていくのではないでしょうか?

どちらにせよ東京における燃料電池バスの導入はやはり他府県よりも早そうですね!

次に横浜市ですが、こちらでは『SORA』1台を6年間リースしたことを発表しています。2019年10月からイベント時のシャトルバスなどとして運用するそうです。通常のバスとして運用するという話はまだ出てきていません。

『SORA』の値段は公表されていませんが、リース代はなんと1億円!

100台程度の生産を目指している燃料電池バスにFCスタックなどを開発するのは大変なコストだと思いきや、「SORA」の主要パーツはトヨタの乗用車から流用しているといいます。それにより生産コストを抑えるだけでなく、信頼性も確保しているのです。

なお、バス会社への販売はリース方式。そのため車両本体価格は公表されていませんが、試乗時にうかがったところ1億円ということです。

引用:https://clicccar.com/2018/04/21/581456/3/

導入へのコストはかなり掛かりますので、全国的に浸透するまでかなり時間が掛かりそうですね!

『東京スイソミル』で乗車体験できる?

現在『SORA』が運行している地域は上記の通りですが東京都環境公社が運営している水素社会についての学習施設『スイソミル』で乗車体験ができる模様です。

スイソミルの場所・アクセスは下記の通りです。

  • 住所:〒135-0052 東京都江東区潮見1-3-2
  • アクセス:電車でお越しの方JR「潮見駅」より徒歩8分 / 東京メトロ「辰巳駅」より徒歩20分 / 都営バス【錦13乙】(錦糸町←→深川車庫)「潮見一丁目」下車 徒歩1分
  • TEL:03-6666-6761
  • 開館時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館時間: 月曜日、年末年始(12月28日~1月4日まで)
    ※月曜日が祝日の場合は開館し、その翌日が休館となります。

また、過去には水素バスのツアー企画なども各地で行われていました。

執筆時点では具体的な情報はありませんでしたが、ご興味はのある方は都度調査してみるのもよいでしょう!

『SORA』を導入予定の地域は?

現在『SORA』の導入までには至っていないですが導入自体は予定している地域も存在します。導入予定を公表しているものに限られてしまいますが現在、

  • 静岡県
  • 埼玉県

の2つで試験走行や試乗会を行ったという情報があります。現状関東地方中心に導入が進んでいるみたいですね!オリンピックが影響しているのでしょうか?

現在導入を検討している段階で具体的な導入時期は明かされていません。かなりの費用が掛かる買い物なのでやはり導入には長い時間が掛かりそうですね。

『SORA』の運行区間や時刻表は?東京全域というわけにはいかない様子

『SORA』の運行区間についてですが、上述の通り横浜市はイベント時でに運用とのことですので東京都のみの情報となります。

調査してみたところ運行区間は下記の通りでした。

まとめ

今回は燃料電池バス『SORA』について

  • 乗れる場所・地域
  • 運行区間・時刻表

について調査しました。調査してみたところ

  • 東京都
  • 横浜市

にて運用が開始されていることが分かりました。

運行区間については下記の通りで

  • 東京都営バス:東京駅丸の内南口~東京ビッグサイト
  • 京浜急行バス:大井町駅~テレコムセンター駅前/船の科学館駅前

関東地方を中心に導入が進んでいるということが分かりました。

乗り心地も快適で環境にも良いということで早く多くの台数が導入されてほしいところですが、時間はまだまだ掛かりそうですね。

たくさんの外国人観光客が来日するオリンピックの時期までに導入が進み、より快適なインフラが実現されることを望みます。今後の動向に注目していこうと思います。

 

 

----------Sponsor Link----------

コメント

タイトルとURLをコピーしました