ホームページ閉鎖の『夜回り先生』水谷修が復帰か!?鬱病の容態や今後の活動は?

時事ネタ

こんにちは!ディグ太です!

『夜回り先生』として多くの青少年のカウンセリング活動をされてきた『水谷修』さんがホームページ閉鎖して話題になっています!

本人曰く『疲れました』ということですが、今後の復帰予定などはどうなっているのでしょうか?

 

調べてみると完全に活動を停止したわけではない可能性があることが分かりました。

今回は

  • 水谷修さん復帰の可能性や今後の活動
  • うつ病の容態

についてまとめました。

果たして水谷修さんは今後復帰するのか?気になる方はぜひ読んでみてください。

----------Sponsor Link----------

水谷豊さん復帰の可能性は?→ツイッターではメールに返信があったという情報も

 

水谷豊さん復帰の可能性について調べてみると気になるツイートを見つけました。

水谷さんが引退を示唆した8月21日に励ましのメールを送ったそうで、その返信があった旨のツイートです。

残念ながらこのスクリーンショットが本当に水谷さんからの返信なのかどうかは分かりませんが、本当であれば今後支援者との交流も完全に断つということはない可能性が出てきますね。

また、ブログの内容を確認してみると

----------Sponsor Link----------

さようなら。
哀しいけど
さようなら。
もう、疲れました。
これで、このホームページは閉じます。
さようなら。

引用:http://www.mizutaniosamu.com/blog/010diary01/post_645.html

あくまで『ホームページを閉じる』とだけ記載されており一切活動をしないという明言まではさえていません。

  • 相談の窓口を狭める
  • 相談以外の活動(著作・講演)などは続けていく

という読み取り方もできますね。

現時点ではホームページも閉鎖されることなく現存していますし、もしかするとご自身の心身の状態に沿った活動量で活動を継続されるのかもしれません。

水谷修さんのうつ病の容態は?→以前からうつ病の兆候はあった

公言されていたわけではありませんが、ブログの内容から察するに水谷修さんはうつ状態にあることを察することができます。

現時点で詳細は不明でカウンセリングを受けたり治療のために動いているかは分かりません。

このような状態にあったのは実は最近の話ではなく、2018年に発表した『夜回り先生 原点』という著作においては

自らを傷つけたことも、命を絶とうとしたこともあります。
自暴自棄になったことも、夜の世界に沈んだことさえあります。

と記しています。

かなり前から精神的に弱っていたことが分かりますね。

そして今回の引退劇…症状は決して軽いものではなさそうです。うつ病の治療期間は人に依りますから具体的にいつ頃完治するかを予想するのは難しそうです。

まとめ

今回は水谷修さんの復帰可能性について調べてみました

  • 現在もメールを送ると返信がある事例があるらしい
  • 出版や講演の活動は今後も続くかも
  • うつ病はここ最近ではなく以前からの可能性が高い

ということが分かりました。

今まで多くの人の相談に乗り背中を押してきた水谷さん。このような結果になってしまったのは残念です。

ご年齢もご年齢なので完全復帰まではいかないにしても、出版などの活動は続けてほしいですね。

 

----------Sponsor Link----------

コメント

タイトルとURLをコピーしました