蛍原徹の今後はどうなる?芸能界から消えるか、消えないか

エンタメ

こんにちは!ディグ太です!

吉本興業所属芸人の闇営業問題で世間が揺れていますね。先日の宮迫博之さん・田村亮さんの記者会見をチェックされた方は多いのではないでしょうか。

お2人とも今後の動向についてははっきり決め切れていない様子でしたが、もし引退ないしは第一線からの離脱となると気になるのは残された相方の行方。

田村淳さんの場合はピンの仕事も元から多いですし心配なさそうですが、心配なのは蛍原さん。正直あまり目立った活躍をされているタレントさんではないですし、今後ピンとしてやっていけるのか?疑問に持つのは自然だと思います。

 

今回は

  • 蛍原徹さんは今後ピンとして芸能界でやっていけるのか?
  • 蛍原徹さんのタレントとしての実力・能力

について考察してまいります。結論として私はやっていけると思っているのですが、その理由を順を追って説明していこうと思います。しばしお付き合いください!

----------Sponsor Link----------

蛍原徹は今後も芸能界を生き残る!

さて、結論からいうと蛍原さんは今後も芸能界で問題なくやっていくと踏んでいます。

雨上がり決死隊というとやはり宮迫さんが目立つイメージがありますが、蛍原さんも十分な実力の持ち主なんです。

 

その理由としては蛍原さんの『仕切り』の実力。

 

奇抜なボケで人を笑わせるタイプではありませんが、雨上がり決死隊としてMCをするとき、話の流れを作っているのは蛍原さん。宮迫さんはゲストやひな壇へのイジリで場を沸かす役割。役割分担をしたうえでコンビのMCを行っています。

役割の性質上目立ちませんが、番組制作にはきちんと貢献しており、決して『お荷物状態』というわけではありません。

ちなみに、現在のレギュラーは

  • 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!
  • フォトぶら
  • 炎の体育会TV
  • 本能Z
  • 世界の何だコレ!?ミステリー
  • 競馬BEAT

の6本。すべてMCとしての起用です。『競馬BEAT』以外はコンビでの出演ですが、やはりMCの実力を買われているということでしょう。また、過去には『バイキング』にも出演されていましたね。

宮迫さんが続投するかは今のところ不透明ですが、蛍原さんに何の落ち度もない現状において、宮迫さんだけではく蛍原さんも降板させるということはまずありません。もしそんなことをすればすぐさまに批判の的ですからね。

----------Sponsor Link----------

少なくとも近々にテレビのレギュラー番組をすべて失くすということはないと思って間違いありません。今後もMCとして関わっていくと思ってよいでしょう。

 

むしろ宮迫さんの陰に隠れて気付かれていなかったMC力を評価される時代が来るかもしれません。

 

そもそも、お笑い芸人=笑わせる役割かといわれると必ずしもそうではありません。宮迫さんもそうなのですが番組全体を盛り上げるために立ち回ることが『タレント』としてのお笑い芸人の役割です。

バラエティにおいてボケやツッコみのインパクトが弱い芸人は『面白くない』『なぜ消えないのか』などといわれがちですが、素人にはわからないところで番組の成立に貢献しており、それが業界で評価されて番組に出演し続けることができている芸人さんは少なくありません。近年の雨上がり決死隊はこのタイプだったと思います。

蛍原さんも今後このスタイルで番組制作側に重宝されていくと思います。むしろ今回の騒動でクリーンなイメージもできましたし司会業が増えるんじゃないか?とも思いますね。

吉本印天然素材時代はグループのまとめ役だった

雨上がり決死隊がかつて、『吉本印天然素材』というグループでアイドル的活動をしていたことはよく知られていると思います。

実は当時このグループのまとめ役だったのが蛍原さん。今では想像がつかないですよね。

当時はどちらかというとキツめのツッコみで若さ溢れる天素メンバーを見事に仕切っていました。

 

今ではその時の面影は残さず癒しキャラ的なポジションですが、実はその気になれば集団をまとめる能力もある頼れる存在なのです。

実は変人な一面も

ここまで蛍原さんはしっかりとした仕切りのできる実力者!という方向で記事を書いていきましたが、実は変人の一面もあります。テレビではその一面を隠していますが、実は人とは違う着眼点の持ち主。個人的には蛍原さんのこういう部分にも注目が集まっていくのではないかと思っています。

 

桂三度(世界のナベアツ)さんがかつて蛍原さんについて下記のように語っています。

:27歳くらいで、とにかく友だちがいなくて寂しくて、大阪に帰りたかったです。近所に雨上がり決死隊の蛍原(徹)さんが住んでいて、当時は(雨上がり決死隊も)売れていなかったから、蛍原さんに毎日おごってもらったり相手してもらいました。当時、恵比寿に大きなメキシコ料理っぽい店があり、そこでずっと蛍原さんと5時間くらいしょうもない話をしていました。
吉岡:とにかく一緒にいたかったんですね。
:蛍原さんもちょっと変人だから、「三角と四角はどっちが丸に近い?」みたいな話を5時間させられるんです(笑)。
吉岡:やばいですね(笑)。おもしろいなぁ。
:蛍原さんはね、大人しくしているだけで、実はめちゃくちゃ変人で面白いんです。テレビでは猫かぶってるんです。
吉岡:え!?
:むき出しにしたらすごいですよ。 

桂さんによると蛍原さんは、車のナンバーで「1221」「4554」など、間に同じ数字が挟まれていて、なおかつ両端も同じ数字の車を1日2回見たらシュークリームを食べるようにしているそう。この変わった一面を知った吉岡は、番組一の「やばい!」を発するほど驚いていました。 

引用:https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2019/04/414-1.html

全くもって意味が分からないですね(笑)

 

最近はハナコ菊田さんやバイきんぐ西村さんなど『変人』も流行のキャラクター。個人的には先輩のダウンタウンがMCを務める『水曜日のダウンタウン』のドッキリ企画などで、西村さんにように変人の側面がクローズアップされてほしいところなのですが…(笑)

 

まとめ

今回は蛍原徹さんが今後芸能界に残り続けることができるのかについて考えてみました。

まとめると

  • 仕切り能力があり、MCとして今後も重宝される
  • 今まで隠していた『変人』というカードもある

ということで、宮迫さん抜きでも今後活躍していくだろうと結論付けました。

未だに揺れる闇営業問題ですが、無関係の蛍原さんの仕事に悪影響が出ないことを祈るばかり。むしろこれを機により注目されてほしいところ。今後の動向に目が離せません。

----------Sponsor Link----------

コメント

タイトルとURLをコピーしました