リスニングを勉強するならついでに発音も勉強すべき3つの理由

TOEIC勉強法

こんにちは!ディグ太です!

皆さん、リスニングってめちゃくちゃ難しいですよね?

 

始めたばかりの方は聴き取れなくていつの間にか寝落ち…
なんてことも珍しくないでしょう。

 

あまりに聞き取れないと、自分のレベルの低さを
見せ付けられているような感覚になってしまって
英語が嫌になってしまう原因の1つにもなってるんじゃないかと思います。

 

恐らく、多くの方がリスニングが原因で英語学習を挫折していることでしょう。
そんな方にぜひおすすめしたいのが、
リスニングと並行しての発音学習。

 

一緒に勉強することでリスニング学習の効率は間違いなくアップします。
今回はなぜリスニングと発音を同時にやっていくべきなのか、
それについて3つの理由で説明していきたいと思います。

----------Sponsor Link----------

発音学習とリスニングを同時にやるべき理由

さて、早速その理由ですが下記の通りです。

 

  • 英語を口に出すのが楽しくなる=シャドーイングのモチベーションが上がる 
  • 音の消失を認識しやすくなり、シャドーイングの質が上がる
  • 「英語を話している自分」がイメージしやすくなる

 

順に説明していきます。

----------Sponsor Link----------

英語を口に出すのが楽しくなる=シャドーイングのモチベーションが上がる

聞こえてきた英文の再現がうまくできないとシャードイングは楽しくないですよね。

 

当たり前のことですが、発音がある程度できるようになれば
英文の再現がやりやすくなります。
結果、シャドーイングが楽しくなり、モチベーションが上がるわけですね。

 

口述しますが、英単語というものは実際の英語のなかでは
本来の発音とは全く違う発音になってしまうことが
珍しくありません。

 

発音の知識がないと、
「なぜこの単語がこんな風に聞こえるんだ?」
という疑問にぶち当たり、結果それが解決せず
モチベーションが下がってしまいます。

 

逆に発音の知識があれば、
このような場面に直面しても疑問になりにくいです。

 

英語学習に限らずですが、モチベーションの維持はとても大切です。

発音の知識を得ておけばリスニング中に
モチベーションが下がることをある程度防ぐことができます。

そのため、一緒に勉強しておくと強い相乗効果があるんですね。

音の消失を認識しやすくなり、シャドーイングの質が上がる

前述の通り、英単語は実際の英語のなかだと
本来の発音とは違う発音になってしまうことがよくあります。

 

具体的な例を挙げると、

I like it (アイ・ライク・イット)

という英文がありますよね。
実際の英語だと「アイライキッ」となります。

 

これは、”I like it”の“like”(ライク)“it”(イット)が繋がり、
“likit”(ライキッ)になってるんですね。

 

その方が発音しやすいし、意味もしっかり伝わるので問題ないわけです。
わざわざ律儀に「アイライクイット!!」と発音する方が
長々として実際のスピーキングだと面倒なくらいです。

 

このような、発音の変化がたくさん出てくるわけですが、
発音を勉強しておけばこの変化のパターンにも対応できるようになります。

 

よってシャドーイングのクオリティがさらに高くなり、
リスニング力の向上がより早まるようになります。

「英語を話している自分」がイメージしやすくなる

発音がうまくなると自分が英語を話しているイメージが
しやすくなります。

 

自分の理想としている姿に近づいている感覚が
モチベーションの向上につながります。

 

意外にこれがバカにならないんですよね~
自分が外国人とスムーズにお話している姿を想像しながら
発音の練習をしているとやる気がどんどん湧いてきます。

 

なんだかんだいってこれが1番いいところかもしれません(笑)

まとめ

発音の勉強がリスニングに与える効果について書いていきました。

 

個人的には発音の勉強をせずに、リスニングを始めてしまうのは
すごくもったいないな~と思います。

 

完璧でなくていいのでとりあえず基本的な発音の仕方とルールだけ
抑えておくだけで、シャドーイングがすごくやりやすくなります。

 

やりやすくなれば、モチベーションも上がりますし
英語の勉強も持続しやすくなります。

 

一石二鳥なのでぜひ実践してみてほしいですね!

 

 

----------Sponsor Link----------

コメント

タイトルとURLをコピーしました