3ヵ月でTOEIC800超えの僕が実践した超楽々英単語爆速暗記法!

TOEIC勉強法

こんにちは!ディグ太です!

英語を勉強するにあたって避けては通れないものがあります。
文法ももちろんなんですが、1番避けられないのは「単語」です。

 

少なくとも読解問題において「単語力」は本当にものをいいます
どんなにう文法を磨いていても単語力が弱ければ
意味を理解することは至難の業です。

 

個人的には

 

読解力=単語力×文法×今まで説いてきた読解問題の数

 

だと思っていて、極端な話ですが、単語力が0だと読解力は0です。
(まあ単語力0なんて人はまずいないんですけどね)

 

暗記方法には色々ありますが、
今回は3か月でTOEIC800超えを果たした私が実践した
英単語暗記法を皆様に教授しようと思います。

 

何名かの友人にも紹介した方法なのですが
かなり好評だったのでぜひお試しください!

----------Sponsor Link----------

----------Sponsor Link----------

単語は少しずつ覚えていくのではなく、たくさん一気に覚える!

一気にたくさん?そんなの忘れちゃうよ~~(泣)

という方もいらっしゃるでしょうが、そんなことありません。

 

何故忘れちゃうのか?これははっきりいって答えは1つです。
復習していないんですね。

 

復習してるわ!!!って方もいらっしゃるでしょうが、
あるあるなのは10単語くらい覚えたのを2,3回繰り返して覚えた気になっているというパターン。

 

果たして1週間後、いくつ覚えているのか…?

 

本当に単語を覚えたいのならば、覚えたい単語に「何度も触れる」ことが大切です。
個人差がありますが、5日間から1週間くらいの間同じ単語を目に入れまくりましょう。

 

一度のセクションで覚える数は100単語くらいが丁度ですね。
この数も状況次第なので自分の能力などと照らし合わせながら微調整するようにしましょう。

 

  • 1週間目:単語No.1~No.100
  • 2週間名:単語No.101~No.200 + 土日などで1週間目の単語の復習
  • 3週間目:単語No.201~No.300… 

 

のような流れでどんどん覚えていきましょう。

 

一気に100単語も…?と思うかもしれませんが、
初日から完全に暗記しきらなくても大丈夫です。
その週の終盤の段階で頭に入っていることを目指してください。

 

週の半ばにもなると覚えにくい単語、覚えられない単語が出てくるはずです。
そういった単語は意識して何度も日中に脳内で反芻するようにしましょう。

 

そうすれば、週の終わり頃にはかなり頭になかに入っているはずです。

書く必要はあまりない

この方法の場合、同じ単語を何度も書き続ける、
音読し続けるみたいな方法は必要ありません。

 

基本的には目で見るだけで大丈夫です。


単語の綴りと意味を見る→目を閉じて頭の中で何度か反芻

 

この繰り返しですね。

 

もちろん、書いたり音読したりしたほうが覚えやすいことは確かです。
ただ正直結構負担になるので続かない可能性が高いです。

 

自分は全然大丈夫!ということならやっても構いません。

 

ただ、個人的には暗記にはあまり時間をかけず
読解の勉強やリスニングをしたほうが建設的だと思いますね。

何度も同じ単語に触れるために私が実際に行ったテクニック

さて、上記の通り同じ単語に何度も触れることが暗記の近道と述べましたが、
やはり何度も何度も単語帳を広げるのは億劫ですよね。
はっきりいって詰まらない作業ですし、
飽きてしまったりモチベーションが下がる可能性があります。

 

そこで私が実践した「2つの工夫」を紹介します。

 

どちらも効果覿面なので実際にやってみてください。

「超スキマ時間」の活用

信号の待ち時間に電車の中の時間など、スキマ時間はたくさんあります。
こういった時間でリスニングしたり、
文法問題を1問解いたりなどは、皆さんやっていることでしょう。

 

ただ、それさえも難しいような「超スキマ時間」もあります。

 

具体的にはめちゃくちゃ短かったり、状況的に勉強が難しかったりする場合ですね。

 

例えば「レジを待っている間の時間」なんてどうでしょうか。
文法問題を解くには騒がしくて集中できないですし、
リスニングするには短すぎますよね。

 

こういうときは単語の暗記に使いましょう。

 

ただ、単語帳の持ち運びはなかなか面倒だと思います。


おすすめはスマホに苦手な単語をメモしておいてそれを眺めるという方法です。
単語帳などよりも、苦手な単語に一気に触れることができますので
記憶の定着に効果大です!

「ながら暗記法」で日常生活の中で単語覚えまくり!

もう1つのテクは「ながら暗記法」

 

これは覚えたい単語を紙に書き連ねて、
部屋にいるときに自動的に単語に触れられるようにするという方法です。

 

リビングの壁や、ベッドの上の天井、
お風呂の壁にはビニール袋に入れて貼り付けなど…
とにかくいろんなところに貼りまくりましょう!

 

そして普段の生活の中で単語を記入した紙をできるだけ見るようにします。
お着換え中やなんとな~く部屋でだらだらしてる時も、英単語に触れることができます!

 

この方法にはもう1つ利点があります。
それは、「勉強モードに入りやすくなる」ということです。

 

勉強のモチベーションってなかなか上がらないですが、
このように自然に単語に触れることで勉強のスイッチが入りやすくなるんですね。

 

通常はノートを開いたり、参考書を開いたり、
心の中で「やるか!」と一念発起したりとエネルギーが必要ですが、
普通に部屋の中にいるだけで否応なしに英単語に触れることになるため、
スムーズに勉強モードに移行することができるようになるんですね!

 

あんまりお洒落な部屋にならないのが欠点ですが、
目標達成のため、そこは涙を飲みましょう!(笑)

まとめ

今回は私が短期間でTOEICハイスコアを獲得するため実施した
英単語の暗記方法を紹介しました。

 

上記の方法を使えば英単語一冊分くらいは
かなりのスピード感で頭に入れることができます。

 

特に社会人の方はなかなか時間がとれないなかで
勉強時間を確保しなければなりません。

時間はできるだけリスニングや読解に使い、
暗記の負担は可能な限り減らすべきです。


上記の方法はその観点から生み出したものです。
そのため同じような境遇の方には本当におすすめします。

 

他にもおすすめの暗記法などあればコメントやメッセージを頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

----------Sponsor Link----------

コメント

タイトルとURLをコピーしました